FC2ブログ
○琉鼓会
 まずはオリオンと泡盛を手に入れるべく売店の列に並んでいると、時間どおりに始まりました! 開演は、去年より30分早い午後2時です。

 オープニングは、去年と同様尼崎市の琉鼓会。
 おぉ~、この団体、結構人数が多い。演舞の完成度も高く、東京で観た東京沖縄県人会のものとは雲泥の差があります。踊りながら繰り出すエイサー隊の“スイヤ!スイヤ!”の掛け声がホンモノを感じさせます。

 髷を高々と立てたチョンダラーがクバの扇をパタパタさせながら場内をめぐって観客を煽ります。太鼓軍団は撥さばきもいいし、散開のしかたなど堂に入ったもの。

 諸見里エイサーの型を継承するダイナミックな踊りが特徴で、今年は本場の全島エイサーまつりで県外唯一のグループとして道じゅねーに参加したのだそうだ。

 仲順流り~クーダーカー~トゥータンカーニー~テンヨー節~スーリー東~海ヤカラー~固み節~いちゅび小~唐船ドーイの演舞曲は毎年不動。



 大きな拍手に送られて琉鼓会が退くと、ステージにガレッジの二人がクリーム色のTシャツ姿で登場。
 まず、雨かと思ったが、晴れたことに拍手~♪ ということで、やんややんや。

 そして、東京琉フェスで川田が、観客が差し入れる濃~い泡盛をMCのたびに飲んでダウンした状況を、ゴリが説明。
 トイレでズボンを下げたまま動けなくなった川田を、鍵がかかったドアを乗り越えてゴリが救出、狭い個室の中でズボンをはかせたのはかりゆし58の前川で、彼の目の前には川田のゴーヤーがぶら下がっていたという話で盛り上がります。

 そうしている間にも観客からビールが差し入れられ・・・。(笑)
 今回は飲むのをちょこっと控えて後半から飲もうか・・・などと言いつつも、まずはビールで「カンパーイ!!」。「5時間盛り上がっていきましょう!!」とのことでした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kakateyapo.blog68.fc2.com/tb.php/748-33df6971