busa machimura  tanigawa01.gif

 5月中旬以降今日までに買った本は、購入順に次の15冊です。おお、この2か月の間にそんなに買っていたか。

1 短編伝説めぐりあい  集英社文庫編集部 集英社文庫 201708 古368
2 ゆらしぃ島のスローライフ  金丸弘美 学習研究社 200402 古507
3 なぜ世界のお金持ちはこっそり「おきりぞ」を楽しむのか? 外間晃 東邦出版 201704 古697
4 武士マチムラ  今野敏 集英社 201709 古1375
5 谷川健一全集〈5〉沖縄1-南島文学発生論  谷川健一 冨山房インターナショナル 200610 古2307
6 谷川健一全集〈6〉沖縄2-沖縄・辺境の時間と空間 他  谷川健一 冨山房インターナショナル 200610 古1388
7 谷川健一全集〈7〉沖縄3-渚の思想 古代歌謡と南海歌謡  谷川健一 冨山房インターナショナル 201206 古3757
8 谷川健一全集〈8〉沖縄4-海の群星 神に追われて 他  谷川健一 冨山房インターナショナル 200809 古4257
9 おいしい旅 錦市場の木の葉丼とは何か  太田和彦 集英社文庫 201804 777
10 時雨みち  藤沢周平 新潮文庫 198405 古255
11 孤剣―用心棒日月抄  藤沢周平 新潮文庫 198409 古257
12 周平独言  藤沢周平 文春文庫 201204 古351
13 消えた女―彫師伊之助捕物覚え  藤沢周平 新潮文庫 198308 古258
14 用心棒日月抄  藤沢周平 新潮文庫 198103 古258
15 新装版 もの食う話  文藝春秋編 文春文庫 201502 古358

 これらはすべてネットで注文したもの。一昔前は楽天ブックスから買った「新刊」が多くを占めていたものですが、昨今はすっかり様変わりして、Amazonから買う「古書」がほとんどになっています。
 今回でいえば、9のみが新刊で、ほかはすべて古書です。
 楽天カードを使ってポイントをゲットしたいので新刊は楽天ブックス、それより安く買える古書はAmazonと、いつのまにかすみ分けができています。

 15冊のうち琉球弧系は2~8の7冊。そのうち5~8は谷川健一の全集24冊のうちの沖縄部分で、新刊だと1冊6,500円+税のところを1,388~4,257円で手に入れることができ、とてもシアワセ。待てば海路の日和あり、でしょうか。

 藤沢周平が5冊。1973年の「暗殺の年輪」から年次を追って読み進め、ようやく現在文庫本で読める作品の半分近くまで来ました。まだまだ先は長い。
 ほかには飲み食い関係2冊と文学オムニバスが1冊。

 沖縄関連本の割合は全体の半分以下にまで落ちてきており、興味の向く先も様変わりしてきているということなのかもしれません。

 分厚い谷川全集4冊が書棚で重厚な存在感を放っており、さてどこから攻めるべきかと困惑することしきり。
 いつものことだが、一歩一歩着実に読んでいくしか消化策はない。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kakateyapo.blog68.fc2.com/tb.php/2148-b203618a