FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 経営者が高齢化し、その後継者がいないなどの理由で、沖縄の大衆食堂が着実に減少していることに憂いを感じています。
 ドカ盛で名を馳せた与那原の「かっちゃん」、テビチ料理のナンバーワンとして著名だった那覇市西町の「嶺吉食堂」、黒いハンバーグの浦添市勢理客の「大衆食堂泉」、占領時代を彷彿とさせたコザの「ニューヨークレストラン」などはすでになく、南部ではピカ一と思っていた喜屋武の「家庭料理の店三姉妹」もカラオケスナックに衣替えしてしまいました。

 そんなノスタルジーに駆られて、2012年発行のこの本を古書市場から手に入れて読んでみたところ。
 2011年3月で休刊となった地元情報誌「おきなわJOHO」で連載していた「古食堂味巡り」を加筆訂正し、11軒の追加取材を経て完成したもの。20年以上取材し食べ歩いた中で、食べてユンタクして笑った味わい深い満腹の食堂60軒を紹介しています。
 この本を手に沖縄の食堂に足を運び、美味しい食事しながら楽しいひとときを味わって下さい――とのことです。

 書き手の嘉手川学は那覇生まれで、「オキナワふうどライター」を自称。沖縄のタウン誌の草分け「月刊おきなわJOHO」の創刊メンバーで、歴史、文化、音楽などの沖縄ネタは何でも書くが食べ物関係には特に強いライターとして印象に残っています。

 さてその60軒。全部店名を列挙したほうがわかりやすいでしょ!
 ひまわり食堂(国頭村)、レストランふりっぱー(名護市)、嶺吉食堂(那覇市、閉店)、大衆食堂ミルク(同)、南国食堂(八重瀬町)、みつ食堂(那覇市、閉店)、でいご食堂(同)、普天間コーヒーシャープ(宜野湾市)、お食事処三笠(那覇市)、高良食堂(同)、元祖ステーキハウスビッグハート泡瀬店(沖縄市)、波止場食堂(国頭村)、家庭料理の店まんじゅまい(那覇市)、大衆食堂むつみ(同、移転)、はつみ食堂(浦添市)、ゲンキ食堂(那覇市)、春風堂(同、閉店)、海洋食堂(豊見城市)、お食事処かねふく(同)、大衆食堂泉(浦添市、閉店)、やまさち食堂(那覇市、閉店)、お食事の店まあぼう(同)、御食事の店純(同)、イタリアンハウス(同)、お食事の店でいご(同)、お食事の店ブルボン食堂(同)、やんばる食堂(同)、がじまる食堂(北谷町)、丸宮食堂(宜野湾市)、みどり屋食堂(宜野湾市)、大衆食堂ミッキー(沖縄市)、お食事の店かおる(うるま市)、栄食堂(沖縄市)、うえはら商店(同)、オークレストラン(同)、南食堂(糸満市)、にしき屋食堂(本部町、閉店)、とんかつの店かつ亭(南風原町)、かめ食堂(那覇市、閉店)、みなと食堂(本部町)、お食事処紀乃川(同)、前田食堂(大宜味村)、読谷山そば(読谷村)、ちえ食堂(本部町)、ステーツサイズ(那覇市、閉店)、チャーリーレストラン(南城市)、ハイウェイドライブイン(沖縄市)、お食事処つるや(那覇市)、定食丸仲(沖縄市)、よね屋(那覇市)、お食事処メモリー(同、閉店)、割烹居酒屋江戸前(うるま市)、あやぐ食堂(那覇市)、波布食堂(同)、FOOD食堂MyHouse(宜野湾市)、グランド食堂(沖縄市)、きょんたろう食堂(那覇市、閉店)、お食事のでいご(同)、お食事処みかど(同)、軽食の店ルビー(同)(登場順)

 ――とまあ、すさまじいラインナップ。このうち閉店してしまった店は10店。ここに載っている店は老舗で頑張っているほうなのかな。
 この本で初めて知ることになった店は多し。まだまだ未踏の店は多いです。一方で、過去に訪問したことのある店は少なくとも18店はあり、長い間沖縄を歩いてきたことも実感したところです。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kakateyapo.blog68.fc2.com/tb.php/2147-9be33bb6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。