FC2ブログ


 1995年発刊の、ラジオ番組派生本。
 琉球放送ラジオで、平昼の時間から放送された人気番組「ふれ愛パレット」に寄せられたFAXや手紙をなどで構成されている本。ホントにいろんなものがごちゃまぜになって掲載されており、それぞれに脈絡がないので、めまぐるしいぐらいの内容になっています。

 20数年前の本をなぜ買ったかというと、いまや代議士としてよくテレビに出てくる玉城デニーのタレント時代を知りたかったから。
 与那城村(現うるま市)生まれで、父は沖縄の米軍基地の駐留兵士。ケースワーカー、ミュージシャン、営業マン、内装職人、PA会社社員、バンドマネージャーなどを経験して、1990年頃から放送業界へ。その後「ふれ愛パレット」のパーソナリティでブレークし、2002年9月、沖縄市議会議員選挙に無所属で出馬してトップ当選。05年9月の衆院選に沖縄3区から民主党公認で出馬して落選。09年8月の衆院選に再出馬して初当選。

 あるウェブページの対談で、ラジオDJをしていた頃から政治を考えていたのか?との問いに、「考えるわけないよ!毎日ロックンロール(笑) タレントとしてデビューしたのは30代くらいです。30代後半になって、将来自分が何をやりたいかと考えたときに、いろんな人たちに会って勉強をしたかった。そこでいろんなことを学んだ。本当はNPOを立ち上げて下支えをしたかったが、一度はタレントとして表に立ったのだから、最終的に表に立って政治家をやろうと思った。「二足のわらじだ」とボロクソ言われたり、「議員になって苦労しなくてもいいさ~」とも言われた。議員になってほしくないという人もいっぱいいたが、なにか世のため人のためにできるならと思って議員になった。」と答えています。
 沖縄県内に駐留するアメリカ軍基地の県外移設・撤去を求める一方で、アメリカ軍に代わる自衛隊による沖縄の防衛の必要性を主張している政治家です。

 なお、沖縄都市モノレール「ゆいレール」で流れる車内アナウンスは、日本語・英語共に富原志乃によるものなのだそうです。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kakateyapo.blog68.fc2.com/tb.php/2135-a05e576a