FC2ブログ


 コシマキには次のような記載があります。
 「若き野戦指揮官と800名の部下の激闘。本土決戦のために捨て駒とされた戦場・沖縄での無謀とされた総攻撃。そのなかで任務を達成し、終戦の日まで闘い続けた唯一の部隊「歩兵第三十二聯隊第一大隊」の軌跡。沖縄戦の真実を描いた本格的ノンフィクション。」
 「太平洋戦争を通じ、米軍陣地を突破して目標に到達できた唯一の戦例、“棚原の戦い”。指揮を執るのは、幼いころから軍人を志した伊東孝一という青年であった。彼は士官学校在学中から軍の教育に疑問を持ち、苦悩しながらも、自ら考え、学び、戦場に立った。圧倒的戦力を持つ米軍を前にしてなお、旧来の戦術に固執する自軍の中で、彼はどのような判断を下し、いかにして部隊を率いて任務を全うしたのか―。気鋭の著者が、ロング・インタビューと手記をもとに描く本格的ノンフィクション。」

 「歩兵第三十二聯隊」は、霞城連隊と呼ばれた山形の連隊。おらがくにの連隊ということもあって、沖縄戦史に触れるたびに注視していて、糸満の「やまがたの塔」近くにある「歩兵第三十二聯隊終焉の地」の碑も見に行ったことがありました。
 そしてその大隊長・伊東孝一は、沖縄第32軍高級参謀八原大佐から 「日本軍で最も優秀な大隊長」 と称され、日本のみならず米国・英国などでもその戦闘は高い評価を得ている人物です。
 いったい彼はどういう人物なのだろうかと、興味を持って読みました。

 「恥ずべきことは、私が生き延びたことです」
 と、伊東は言った。卒寿をこえてもなお、多くの戦友や部下の死を背負ったまま、彼は生きているのだった。
 “大東亜戦争”は、やむにやまれぬ戦争だったと言う者もいる。
 しかし、この戦争は不毛だった。
 大隊長として米軍と直接に矛を交えた伊東は、そう確信している。
 しかし一方、この戦いこそ戦術家を志し、戦いに全身全霊を捧げた伊東の、青春時代の貴重な足跡なのだった。(「はじめに」から)

 著者は、1974年生まれの気鋭のジャーナリスト。太平洋各地の戦場だった地域を多数訪問して、日本の近現代史をテーマに執筆活動をしているとのこと。あまり好きではないゴーマン・グループのよう。
 著作には当書のほか「女ひとり玉砕の島を行く」(文藝春秋、2007)があり、これもストックしているところです。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kakateyapo.blog68.fc2.com/tb.php/2132-6e6739c8