著者は、1944年東風平生まれで若くして上京、神奈川県で高校の教師を務め、2003年に退職。
 「沖縄戦で父を失い、更に兄もなくして、17才でふるさとを後に、住み込み店員として上京した筆者にとって、本土での43年間は、ただひたすらに「思郷」の一念ではなかったでしょうか。」と、作家・早乙女勝元は述べています。
 詩作、文芸、写真、平和活動、登山などに造詣が深い方で、2010年に逝去した模様です。

 2005年発刊の本。著者直筆のサイン入りの古書を11年後に1円+送料で入手しました。表紙の琉装の踊り手が印象的で、沖縄の書店では何度も手に取ったことがあり、この価格なら買わない手はないだろうと考えてのものです。
 沖縄へ里帰りするたびに著者には新たな発見や出会いがあり、それらを自らの詩と写真で読者と共感したいとの想いで、おそらくは自費出版でつくったものと思われます。

 詩の行間から想いを読み取るという作業は苦手なので、テキスト部分はあまり読まず、ぱらぱらとめくりながら主に写真部分を眺めてさらりと読み終えました。
 心を込めて読む気にならなかったというのが正直なところですが、その理由は古書の体裁があまりにもよくなかったからです。
 カラー写真を掲載する上質紙仕様の各ページが水分を吸って歪み、くっついてしまっているのです。それを丁寧に剥がすと、紙の表面には一面カビが……。こんなにひどい古書が送られてきたのは後にも先にも初めてのことです。
 各ページをティッシュで拭いて読みました。それでもカビ臭さは残り、ごわごわ。伝票の添え書きには「あとがきや奥付けに若干シミがあり、書籍に少しゆがみひずみがありますが、それでもよければ」……と。おふざけを言ってはいけません。出店者名を公表したいところですが、それは我慢しましょう。
 沖縄本は基本蔵書としていますが、これに限っては廃棄となるでしょう。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kakateyapo.blog68.fc2.com/tb.php/2129-37f9bf19