「〈移動〉による新たな〈オキナワ〉アイデンティティの生成とは…!
 移民など、そのエネルギーはどのような社会変動や文化混交を生みだし、どのような文学表現を生み出したのか。」

 「ディアスポラ」という言葉に強く惹かれて、中古市場から入手しました。
 ディアスポラとは、(植物の種などの)「撒き散らされたもの」という意味のギリシャ語に由来する言葉で、元の国家や民族の居住地を離れて暮らす国民や民族の集団ないしコミュニティ、またはそのように離散すること自体を指すのだそうです。
 この視点を援用して沖縄のアイデンティティや「沖縄文学」について考えてみようというのが本書であり、琉球大学「人の移動と21世紀グローバル社会」プロジェクト叢書の第1巻という位置づけになっています。

 琉球大学に招聘された「ディアスポラ」文学の研究者の講演を基本としたものになっています。
 第一部「沖縄ディアスポラの文学」では、マウイ島生まれの2世作家ジョン・シロタの作品が生まれた背景や、「踊り」の著者で沖縄系カナダ人作家ダーシー・タマヨセへのインタビューが収載されています。
 第二部は「移動する沖縄文学」。米国に舞台を移した戯曲「カクテル・パーティー」についての大城立裕とフランク・スチュワートとの特別対談、「抑留三部作に見る「移動」」としての宮里静湖の作品に対する論考など。
 第三部は「〈旅〉と文学」。〈移動〉を沖縄だけの問題とせずより大きな視点から映し出すために、管啓次郎、野田研一、笹田直人の講演が収載されています。

 「まえがき」で、山里勝己は次のように記しています。
 「20世紀初頭の沖縄人(あるいは琉球人の痕跡を強く保ったままの人物たち)の海を越えて環太平洋に拡散していく移動は、征服、亡国、併合そしてそれにともなう旧体制の融解がその背景にあった。
 沖縄をめぐる1945年の日米の激烈な地上戦は、土地を強奪され、住み慣れた場所を喪失してふたたび海を越えて環太平洋に拡散する人々の移動(または流浪)をもたらした。
 このような移動は故郷(定住する土地)や伝統や固有文化の喪失をともない、文学には〈移動の不安〉に苛まれながら土地を追われ、漂流し、定住地を求めて新たな世界へと浸透していく大衆が描かれるようになった。
 そして「移民」という経験やその「成功」という物語も、文学ではクリティカルなまなざしをともなって書かれるようになった。
 異郷への越境の不安や混乱に満ちた移動は、やがて移動先での定住と「誠実な労働」による成功という神話を生みだし、同時に、〈移動される不安〉と〈移動してきた者たち〉の力に翻弄され、自らの土地で他者化される人々をも生み出した。これはハワイの歴史をふり返ると自明のことであろう。
 そしてじつは「移民県」と呼ばれてきた沖縄が、歴史的には近世――例えば1853年のペリーの来航――から継続して〈移動される不安〉と悪夢に苛まれてきた場所であることも確認しておく必要があるだろう。
 このような〈移動される人々〉や〈移動される土地〉に向けられた人の移動のエネルギーはどのような社会変動や文化混淆を生みだし、新たな〈オキナワ〉アイデンティティの生成に繋がり、どのような文学表現を生み出したのか。……」

 ところで、この古書には背表紙に図書シールが貼ってあり、1ページ目に「プール学院大学」のゴム印が押印されていました。つまりは大学図書館の放出書なのでしょう。おそらく誰も読んでいないであろう、ほぼ新品の極上品です。
 プール学院大学は、大阪府堺市南区槇塚台に本部を置く日本の私立大学。1996年に設置。建学の精神は「キリスト教による円満な人間形成」で、国際文化学部と教育学部を有しています。
 2018年4月には、設置者が学校法人桃山学院に変更され、名称が桃山学院教育大学に改称される予定であるとのこと。ははあ、学校の再編に絡んで、図書館の書物も整理、放出されたのでしょうか。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kakateyapo.blog68.fc2.com/tb.php/2123-b380d563