uumaku.gif   shioissyo.gif

 5月及び6月前半に買った沖縄本は、次の8冊です。

1 沖縄道               宮城能彦   ザメディアジョン・エデュケーショナル   880
2 私の日本地図8 沖縄               宮本常一     未来社         2310
3 報道されない沖縄 沈黙する「国防の島」   宮本雅史     角川学芸出版    1470
4 本音の沖縄問題                  仲村清司     講談社現代新書    798
5 原日本・沖縄の民俗と芸能史          三隅治雄     沖縄タイムス社    1600
6 沖縄からの風 「日本復帰40年」を問い直す アジェンダ・プロジェクト編 星雲社   1050
7 塩一升の女                     出水沢藍子    あさんてさーな    1500
8 ウマーク日記                    大城貞俊     琉球新報社      2000

 このところの読書ライフは比較的軽快に推移しており、どんどん積ん読の本が減っていく。
 そうすると、活字中毒者というものはツマラヌことを考えるもので、このまま減っていったらどうなってしまうのだろうと、やたらと不安になる。
 この不安を解消するべく、勇んで本の購入に走る。くふくふ。
 するってえと、また積ん読がたまり、いつになったら読めるのだろうと不安になる。
 とまあ、こんなことの繰り返しなのだ。

 最近の沖縄関連の出版物の傾向として、沖縄の影の部分に鋭くメスを入れるようなネガティブ系が多いような気がする。1、3、4、6などはそのクチではなかろうか。
 こういうものってどうしても鬱々として読むこととなり、これらばかりでは自分にとってあまりよい結果を招かない、ということを経験として体得している。
 なので、そういうものは避けては通らないまでも、できるだけ小説やエッセー、ノンフィクションなど多少気楽なものを織り交ぜて購入するようにしている。たとえば、今回ならば7や8など。

 現在、上記のほか新刊8冊、古書4冊を新たに発注しており、当面はストックがなくなるということはなさそうです。くひひ・・・。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kakateyapo.blog68.fc2.com/tb.php/1114-08ae3185