FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 東御廻いの聖地めぐりで次に訪れたのは、場天御嶽です。

 琉球三山統一を果たした尚巴志の祖父・佐銘川大主が伊平屋島を逃れて移り住んだ場所を御嶽としたもの。
 ところが、ココは移転した場所のようで、もともとは新里公民館近くにあったのですが、1959年に襲来したシャーロット台風というので地滑りが発生し、埋没してしまったそうなのです。・・・なんだよ。

 あるウェブページによれば、以前は上場天御嶽と下場天御嶽の2つの拝所であったもので、上場天御嶽は神名「サメガア大ヌシタケツカサノ御イベ」。佐銘川大主はここに小屋を建てて、漁をして暮らしていたといいます。
 一方、下場天御嶽は神名「コハツカサノ御イベ」。佐銘川大主の息子・苗代大比屋(なーしるうふや)、すなわち後の尚巴志の父・尚思紹(しょうししょう)が生まれた場所だといわれています。

 イビ御嶽ほか6つの拝所が点在しており、東御廻りでこの地を拝するのは、王国と深く結びついた聖地としてはもちろん、先祖が使った御水に感謝するためとも語られているそうです。

 なんだか悪寒がする。まったく、身体の調子は一向に改善する兆しなし。
 次、まいりましょうかね。

baten2.jpg
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kakateyapo.blog68.fc2.com/tb.php/1036-b0a3b0ec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。