2017年5月に買った本は、購入順に次の9冊です。

1 日本ラーメン秘史  大崎裕史 日本経済新聞社 201110 古658
2 単細胞にも意地がある  椎名誠 毎日新聞社 201704 756
3 沖縄 のこしたい店 忘れられない味  中村雅之 誠文堂新光社 201705 1728
4 ある神話の背景―沖縄・渡嘉敷島の集団自決  曽野綾子 PHP文庫 199206 古556
5 神様の棲む診療所  竹村優希 双葉文庫 201703 古478
6 恋文30年―沖縄・仲間翻訳事務所の歳月  佐木隆三 学習研究社 198611 古557
7 日本軍那覇捕虜収容所PW物語  井渕健一郎 文芸社 201612 古349
8 沖縄チャンプルー事典  嘉手川学 山と渓谷社 200110 古258
9 沖縄からの出発―わが心をみつめて  岡部伊都子 講談社現代新書 199210 古258

  arushinwa.gif  koibumi30.gif

 すっかり古書を買い漁るヒトになってしまい、このうち新刊は2と3の2冊のみ。
 1、2以外の7冊は沖縄関係本です。

 沖縄本に関して言えば、沖縄ブーム(これも死語か)が遠い過去へと去ってからは沖縄のカルチャーものの出版がかなり減りました。政治や基地問題などに関するものばかりが目立つようになり、多少なりとも専門的なものは購買需要が少ないためか高価なものばかりです。
 そういうわけなので、今月買ったものは懐古趣味的傾向が強いものとなっています。

 8などはその典型で、発売当時にしっかりチェックしていたものの、その頃はこのような類の出版物が巷に溢れていて、いったんはスルーしていたもの。15年以上前のものなので記載内容は古色蒼然たるものがありますが、自分にとってはとても懐かしく、沖縄の黄金時代が思い出されるものとなっています。

 また4は、沖縄戦の集団自決を読み解くうえで欠くことのできない書であり、このたびようやく手にしたところ。

 9は、2008年に逝去した随筆家、岡部伊都子の作品。彼女の婚約者は沖縄戦で戦死しており、1990年当時には多くの沖縄関係の著作を残しています。

 そのほか、1は、気まぐれに買ったラーメン関連本。
 2はシーナのバーゲン本。
 3は、沖縄のなかでもわが専門分野?に関するもので、新刊ではあるもののこれもかなり懐古趣味。
 5は、古書で安いからという理由で買った神様ストーリー。
 6は、今NHKテレビでやっている番組「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語」にインスパイアされて。
 7は、自費出版系の文芸社モノで不安ではあったものの、「PW物語」の題名につられて。

 まあこうやって多くの本を安価に手にすることができるのはとても幸せなことだと思う。
 しかし、この半年ぐらいの間に読み終えた本のインプレッションがまったく書けていないのは、自分にとっては問題。
 新たに買うのはいいとしても、読後の始末というか、読んだ本に対するけじめをきちんとつけるという意味で、インプレ書きは進めなければならない課題となっています。

 それにしても未読本は溜まりに溜まったり、70冊ほどに膨れ上がっています。
スポンサーサイト