taira 20151206

 平良とみが亡くなったという。以下、12月6日の沖縄タイムスを引用。

 沖縄芝居役者の平良とみさん(87)が6日午前4時27分、那覇市内の病院で死去した。
 平良さんは1928年那覇市生まれ。「ときわ座」などを経て、82年に夫の平良進さんと劇団綾船を結成した。沖縄芝居の舞台などで幅広く活躍する一方、2001年に出演したNHKの連続テレビ小説「ちゅらさん」で演じた「おばぁ」役などで全国的な人気を得た。

 また、デイリースポーツは次のように報じています。

 NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」のおばぁ役として知られる俳優の平良とみ(本名トミ子)さんが6日午前4時27分、敗血症による呼吸不全のため那覇市の病院で死去した。87歳だった。
 那覇市出身。葬儀・告別式は8日午後2時から那覇市銘苅3の22、サンレー那覇北紫雲閣で。喪主は夫進氏。
 13歳で沖縄芝居の世界に入り、ゆっくりと話す様子や小柄な容姿、親しみやすい笑顔で人気を博した。「ちゅらさん」ではヒロイン古波蔵恵里の祖母で、「おばぁ」と呼ばれる沖縄のおばあさんを演じ、全国的な知名度となった。そのほか、映画「マリリンに逢いたい」、「ナビィの恋」など多数出演した。2014年に旭日双光章を受章した。


 また一人、沖縄ブームを牽引した大御所が逝ってしまった。沖縄のおばぁは元気なので、100歳ぐらいまでは平気で生きるのだろうと思っていたので、87歳とはいえまだまだ早い逝去だ。
 琉球新報に載った2014年4月に撮影された写真を見ると、活躍していた頃のふくよかさは影を潜めて、ただでさえ小柄な身体が横幅まで小さくなってしまっていたようだ。

 「ちゅらさん」のヒロイン古波蔵恵里を演じた国仲涼子もショックに思っている事だろう。母役の田中好子に続いて祖母役の平良が逝ってしまったのだから。
 夫の平良進は元気でいるのだろうか。元気ならばもっとショックは大きいだろう。

 「命どぅ宝」を身をもって表現していた役者だっただけに、その命が失われたことは、残された我々には極めて重い事実だと思う。
 おばぁ、お疲れさまでした。そして、ありがとう。「ナビィの恋」、名演でしたよ。御冥福をお祈りします。

tairatomi 201512
スポンサーサイト
 は、次のとおりです。

1 アゴの竹輪とドイツビール  太田和彦 集英社文庫 2015.7 古435
2 宇和島の鯛めしは生卵入りだった ニッポンぶらり旅  太田和彦 集英社文庫 2015.4 古519
3 夕凪の島―八重山歴史文化誌  大田静男 みすず書房 2013.8 古1636
4 女ひとり玉砕の島を行く  笹 幸恵 文藝春秋社 2007.5 古417
5 さらば新宿赤マント  椎名 誠 文春文庫 2015.9 古659
6 レールの向こう  大城立裕 新潮社 2015.8 1728
7 今宵もウイスキー  太田和彦 新潮文庫 2015.2 594
8 沖縄現代史 米国統治、本土復帰から「オール沖縄」まで  櫻澤誠 中公新書 2015.10 993
9 「艦砲ぬ喰ぇー残さー」物語 「でいご娘」と父・比嘉恒敏が歩んだ沖縄 仲松昌次 ボーダーインク 2015.10 1728

  railno.gif  kanpounu.gif

 このうち沖縄本は3、4、6、8、9の5冊。
 3は、発売当時から欲しかったもので、多少値がこなれてきたので中古でゲット。ついでに4も中古でゲットだぜ。
 6は、ずっと追いかけている大城立裕の新しく出た短編集。9は、でいご娘にまつわるもの。読谷につくられた艦砲ぬ喰ぇー残さーの碑も見てきているので、読むほうも興味深い。

 1、2、7は「ふらり旅いい酒いい肴」の太田和彦の居酒屋エッセーの文庫本3冊。
 5はシーナの文庫新刊。

 いずれもAmazonや楽天ブックスで買ったもの。
 読む本のストックがけっこう増えており、これらについては12月なった今も手つかずの状態。少しペースを上げていかなければならんな。


   aishunoB.gif   bokunonaha.gif

 続いて、この11月と12月に購入した本は、次の13冊です。

1 木登り豚  又吉栄喜 カルチュア出版 1996.7 古450
2 哀愁のB級ホテル  宮城 悟 燦葉出版社 2014.9 古1064
3 My Bloom 第3弾  プランニングゆうむ 2015.11 1000
4 ここだけの話  椎名誠 PHP文芸文庫 2015.11 691
5 寝ころび読書の旅に出た  椎名誠 筑摩書房 2015.11 864
6 ぼくの〈那覇まち〉放浪記  新城和博 ボーダーインク 2015.5 1728
7 されど時は過ぎ行く  北方謙三 角川文庫 2015.4 691
8 島猫と歩く那覇スージぐゎー  仲村清司 双葉社 2013.9 古871
9 沖縄まぼろし映画館  平良竜次 ボーダーインク 2014.11 1944
10 光り輝く未来が、沖永良部島にあった!  石田秀輝 ワニブックス 2015.12 972
11 銀座の酒場を歩く  太田和彦 筑摩書房 2015.12 885
12 ぼくがいま、死について思うこと  椎名誠 新潮文庫 2015.12 496
13 25億の借金をしても沖縄・瀬長島につくりたかったもの 近藤康生 ダイヤモンド社 2015.11 1620

 1、2、6、8、9、10、13の7冊が沖縄本。
 1は、1996年のもので、又吉栄喜が「豚の報い」で芥川賞を受賞する2年前に書いたとされるもの。
 2は、愛してやまないコザのデイゴホテルのオーナーが書いたエッセー。発売時は見逃していたのだろうな。知っていればすぐに買っていたはずの本。
 6は、しばらく単行が途絶えていた新城和博の待望のエッセー。
 8は、仲村清司はいいのだけど、猫を扱ったものというところに難があり躊躇していたのを、今になって中古でゲット。
 9の著者が書いた文章はこれまでいろいろなところで読んでいるけど、一人で出したものは稀有かも。
 10は沖永良部島モノ、13は瀬長島モノ。

 ほかには、文庫本ならばすべて読むことにしているシーナ本が4、5、12。
 7は、北方謙三のハードボイルドもので、北方の歴史ものは別としてハードボイルドも、文庫化されたものはすべて読むことにしているところ。
 11は、太田和彦の文庫の買い残しを埋めたもの。
 3は、地元食堂などで使えるパスポートブックで、これは地元の書店で買ったものです。

 自分にとってなかなかいいチョイスになっていると思う。