山形の塔からさらに東へと進んで「白梅之塔」を参拝します。ここは初めて。山形の塔まで何度か来ているのにどうしてここまで来なかったのかと不思議です。

 沖縄県立第二高等女学校の教師、生徒の戦没者を慰霊するもので、駐車場が完備されるなどけっこう大規模。しかし参拝者は自分一人。第一高等女学校と女子師範の教師・生徒を祀る「ひめゆりの塔」とはずいぶん雰囲気が異なるではないか。

 正面の小高いところに塔が設えられており、その手前に戦没者名が記されたプレートと碑文があります。
 碑文の内容は、次のとおり。

 『沖縄県立第二高等女学校の4年生56人で編成された白梅学徒看護隊は、昭和20年3月6日、第24師団(山部隊)の衛生看護教育隊に入隊し、補助看護婦としての特別集中教育を受けていた。
 米軍の艦砲射撃が激しくなった同月24日から、東風平町富盛の八重瀬岳にあった同師団の第一野戦病院に軍属として配置され、昼夜別なく傷病兵の看護に専念した。
 戦況は日毎に悪化し、同年6月4日、遂に白梅隊に解散命令が下り、隊員は散り散りになって戦野を彷徨し、一人またひとりと戦火に斃れていった。その場所は殆ど不明である。
 また、解散後この地に後退した山第一野戦病院に、再び合流した一部の白梅隊員は、同年6月21日、22日の両日に亘り、米軍の猛攻撃を受け無念の最期を遂げた。この辺一帯は、白梅隊員の最も多くの犠牲者が出た所である。
 塔は、戦没した白梅隊員及び沖縄戦で戦死、或いは戦争が原因で亡くなった教職員・同窓生149柱の鎮魂と、世界の恒久平和を祈念して昭和22年1月に建立した。
 毎年6月23日の「慰霊の日」に例祭が行われる。
  平成10年6月23日
  沖縄県立第二高等女学校 白梅同窓会 』

 塔の左には納骨堂、右手には白梅学徒看護隊の自決の壕があり、その壕の入り口にはなぜかピンク色の南禅廣寺という建物があります。
 全体として、なんだか重たい雰囲気がありましたねぇ。
スポンサーサイト


 時間は10時45分。糸満市真栄里地区の戦跡・慰霊碑めぐりはここまでにして、さあて、昼メシとしよう。
 昼メシは八重瀬町大頓にある沖縄そばの「屋宜家」にしようと決めていて、朝食もとらず、開店時間の11時以後に行けるようにしたいと思っていました。急ぐことも遅らすこともなく、ちょうどいい時間。それではナビに住所を入力してGO!

 11時過ぎ、ちょうど暖簾が下がった頃に入店です。
 入口にはヒンプン、建物は赤瓦にシーサー、母屋を正面に、右にアサギ、左に家畜小屋が配された純沖縄建築様式。この建物、2009年に国指定の登録有形文化財に指定されたのだそうです。

 アーサそばセット980円を注文。
 アーサを練りこんだ麺に三枚肉とアーサがトッピング。この緑色がいいですねえ。真っ赤な紅生姜を添えれば色のコントラストがバッチリ。
 麺は自家製風で、沖縄そばのもっさりとした感じがあまりしない細めのもの。コシが強めでなかなかに美味。沖縄そばとしては新食感だと思う。食物繊維が豊富で、カルシウム、カロチン等長寿を生む大切な栄養素がたくさん含まれているのだそう。

 小鉢は、じーまみ豆腐と大根の漬物、どんぶりに隠れていますがほかにモズクの酢の物が付いています。しーぶんっぽくてグー。
 じゅうしいもおいしかったです。

 この店、建物と雰囲気がよさそうなので、以前から来てみたかった店。
 2011年に自分のブログに「行ち欲さやぁ(行ってみたいなぁ)」と書いた場所に、3年後に実際に訪れることができたことはとてもシアワセです。
 思っていれば、夢は、いつか叶う――ということですね。


 9月28日の「琉球フェスティバル2014」の東京開催を見に行った時の旅のお供として連れて行った本。
 作家・五木寛之が、自分の中に眠っていた歴史を呼び覚ましながら書いたもので、「隠された日本 博多・沖縄」との副題がついています。

 第1部には、自らがかつて朝鮮半島から引き揚げてきた博多の地で見た「不法妊娠」の秘話や、アジア主義の源流「玄洋社」を生んだ博多・福岡の文化・風土などについて書かれています。

 そして第2部は沖縄。戦争で多くの県民が犠牲になったこの地で「日本の源郷」を見出し、沖縄の未来を展望します。
 内容は、「岡本太郎が衝撃を受けた沖縄の美」、「御嶽は見えない世界と交信する場所」(斎場御嶽)、「ここは「情」の宝庫だ」、「掃除のできない人は住めない島」(竹富島)、「木に溺れるようにして描く版画家」(名嘉睦稔)、「台風と戦うか折り合いをつけるか」、「琉歌のリズムは8・8・8・6の30文字」、「沖縄アクターズスクールで出会った瞳の輝き」など。

 文章の中には、近年一緒に「論楽会」というステージをやっているという古謝美佐子や、琉球大学教授の高良倉吉(彼は仲井真県政の副知事をしていたけど、このたびの政権交代でどうなるのだろう?)、竹富島の貴宝院蒐集館の上勢頭芳徳・同子夫婦、八重山の唄者安里勇などが登場します。
 また、伊波普猷の沖縄学や、喜納昌吉が歌う「花」、沖縄音楽の「二見情話」、竹富島の種子取祭などに関する論評もあって、とても興味深く読むことができました。