光人社の戦記シリーズNF文庫の1冊です。
 表題こそ「沖縄」となっていますが、全5編のうち沖縄関係は「あゝ沖縄“武器なき兵士の島”最後の日」の1編のみで、海軍軍需部に理事生として従軍した砂岡秀三郎氏の手記です。
 ほかの4編もいずれも従軍者の手記ですが、その地は沖縄とは関係なく、「八丈「鉄壁の陣」始末」(八丈島)、「金鯱城が炎上した日」(名古屋)、「本土防空レーダー連隊奮戦始末」(東京)、「志布志湾「決戦場」に敵艦影を見ず」(鹿児島)となっています。
 自分は戦記物がきらいではないのでそう苦にはなりませんが、沖縄戦そのもののことが知りたくてこの本を手にした人はさぞかし鼻白んだことでしょう。

 さてその沖縄に関する1編ですが、昭和20年3月23日の黎明のことから始まって、同年6月26日、疲れ果てて空き家で寝入っていたところを米兵に見つかって捕虜になるまでの出来事を、一人の従軍者の視点で淡々と記されています。
 公式の記録もまとまっていて興味深いものがありますが、このような「多くの人のうちの一人」が動き、考え、苦悩した様子を知ることも、戦争というものの本質を知る上で極めて重要であり、真実性の強いものであると思います。

 日本兵についての、逃げ、欺き、強奪し、強要し、恫喝する様子があちこちに垣間見られ、また、読んでいて胸が悪くなるような死臭、雨、ガマの湿気、着弾、大怪我、人々の叫びなどが生々しく伝えられています。

 「戦場とは不思議なところだ。枕がなくても、すわっていても、ずぶぬれになっていてもすぐ眠れる。戦争にはぜいたくな病気がない。「死ぬ」という恐怖もない。ひまがあればどこでもすぐ眠れる。眠りこそは戦場の恐怖をわすれるただ一つの避難所だったのだ。」(本文より)

 いつもながら、「散華された世代への熱き思い入れ」を源に「その記録を誌して平和の礎とし、後世に伝えんとする」との巻末のNF文庫刊行のことばには泣かされます。
スポンサーサイト


 表紙からしてえげつなく、本の中には何が書いてあるのだろうかと心配にすらなってきますが(笑)、著者が沖縄で出会ったこんなものあんなものの写真を総ざらいしてみましたぁ!というようなつくりになっています。

 ばかばかしいなどと言わずに、気持ちを沖縄モードにしてリラックスして読んでみてください。だんだんと、えもいわれぬ脱力感に襲われます。
 いや、まあねぇ・・・。これぞオキナワ、なんじゃないでしょうかねぇ。

 沖縄では、あちこちの看板には変なものばかり。たとえば、「やきたてのてんぷら」とか、「タイタニク弁当」とか。
 沖縄では天ぷらを「焼く」とふつうに言うらしく、また「タイタニク」は「炊いた肉」なのだそうです。もうこのあたりからすでに四次元的で、ヤマトの人間は平衡感覚を失ってしまうのです。

 なんだか生ごみのポリバケツをひっくりかえしてしまったようなすさまじい混沌ぶりですが、それがまた大変にヨイ。一応ジャンル別に整理はなされていて、それらは、「沖縄・街角のんき写真館」、「カベルの沖縄スキマ観光」、「沖縄ぶちくん百科 目がテンさー!」など。

 相棒のトベ・セイウチ氏と会話しながら様々なものを紹介していくというスタイルですが、トベ氏のコメントもまた的外れというか脱力感たっぷりで、読んでいるこちらがクナクナになってしまいます。

 性格がまっすぐで、頭が石のようなヒト以外の沖縄好きの方はぜひ読んでみるべし。沖縄がますますかわいくなります。


 著者は、元琉球新報社社員で、1984年に南米を取材して以来、世界に散在している沖縄県系移住者と県系移住社会の追及をライフワークとしている方。この本の発行時点で過去4回開催されている「世界のウチナーンチュ大会」では、取材・イベント・ラジオのコメンテーターとして関わっており、1996年のペルー日本大使公邸人質事件では、特派員として現地に赴きリポートしたそうです。

 そんな沖縄のジャーナリストが書いた南米取材記がコレ。
 1908年に初めてのブラジル移民が行われ、沖縄からは325人が参加、そのうちの153人がアルゼンチンに再移住したそうです。おぉ、移住が始まってから100年以上がたったのですな。
 これを契機に、現在、南米には何十万人という数の沖縄県系人がいるのだそうで、著者はこれらの現代に生きる県系人とも多く接触してその状況を当書にも著しています。

 沖縄からの南米移住の歴史と今を知るうえで極めて有用の書。ただちに何かに役立つというものではありませんが、読後の納得度は高いものがありました。
 「新・メンソール」と大書きれたタバコの新聞一面広告を眺めていて、タバコが「メンソーレ!」とはどういう発想から出てくるのだろうと思った。・・・いや、見間違えたおれが悪かった。

 ニューイヤー駅伝をテレビで観ていて、沖電気宮崎のランニングの「OKI」というロゴに、青い海、青い空を夢想している自分に気づいた。

 トイレでしゃがみながら、ウォシュレットの「ワイド洗浄」と書かれたボタンを見たためか、「ワイド節」を口ずさんでいる自分にふと気づいてしまった。

 職場でのこと。部下の仕事があまりに完璧だったので「ジョートー!」とほめたら、当人からおもいっきり後ずさりされた。おれはべつに、金をゆすろうとしたわけでもないのに。・・・そうか、この言葉、ヤマトではそう受け取られてしまうのか。

 夕食にA、B、Cランチが食べたくなるおれは異常だろうか。

 二千円札が手に入るとちょっとウレシく、長い間財布に大事にしまっておく。


 こんなおれはそうとうに沖縄に冒されているのではないか。
 冬の季節はまだ続く。