“因襲・古代祭祀・祟り・謎・タブー”と、おどろおどろしい副題がついた、別冊宝島シリーズの1636冊目。
 前作の「ニッポン『不思議島』異聞」(これは後に「潜入!ニッポン不思議島」として宝島社文庫から改訂発刊された)の発行から3年、14の新たな調査報告をまとめて上梓した――というものです。

 インパクトという面からすれば、さすがに1冊目からはスケールダウンした感が否めませんが、島をこういう角度から徹底追及するという視点はなかなかおもしろいと思います。そこに住んでいる人からすれば迷惑なのかもしれないですけど・・・。
 まぁ、かなりデフォルメして書かれていますね。キャッチタイトルや写真は仰々しいものが掲げられていますが、中身を読めば、ああ、そういうことなのですか、という程度のことだったりして。(笑)

 14のうち、琉球弧関係は4つ。
 1 「霊能力者“ユタ神様”の真実 奄美大島・加計呂麻島」、2 「究極の古代祭祀“仮面神ボゼ”の「いま」 トカラ列島悪石島」、3 「“泥仮面”追跡ドキュメント 宮古島」、4 「“秘祭の島”に残る不気味な廃墟ホテル 沖縄県P島」。
 3は島尻のパーントゥプナカを、4は新城島(パナリ)を扱ったものです。

 このほか、対馬の美女ばかりが生まれる集落を扱った「美女村とオソロシドコロ」、太平洋戦争の激戦地硫黄島に勤務した自衛隊員から聞いた「硫黄島勤務の恐怖」、奥尻島の「大津波の翌日に起きた怪奇現象」など、怖いもの見たさ的な興味をそそるレポートがあります。

 けっこう楽しめたとみえて、あっという間に読了。もっと過激なものがほしい?!
スポンサーサイト


 著者は、関西時計業界の雄として著名で、ラグジュアリービジネスでは国際社会の第一線で活躍し続けている会社「カミネ」の会長さん。
 しかし、会長さんがここまで来るには、沖縄戦の死線にて「生きて必ず故郷へ帰る」のだという強い決意をした経験があったのです。

 太平洋戦争下、小禄飛行場に派遣された航空局職員・上根は、那覇の十・十空襲後には本業とはちがう壕の掘削作業に従事するなどしながら、海軍司令部壕に移って仕事をしていました。
 その後は他の兵士、軍属、沖縄県民と同様の経緯をたどり・・・。集団自決を目の当たりにし、日本軍の組織的抵抗がやんだあとも身体に傷を負いながら本島内を食うや食わずで放浪し、1年以上にも及ぶ収容所での生活をしたということです。
 その様子は、第1章「戦場からの帰還」として、全体の半分以上のページを割いて、当時の思いとともに克明に記しています。自分にとってはこの章がいちばんの読みどころでした。

 焼け野原となった故郷神戸・三宮に戻り、家業の時計屋を継いで現在の基礎を築いた時代を綴った第2章「経済復興とともに一歩ずつ」、阪神大震災によって大ダメージを受け、その苦難から必死に立ち上がる第3章「戦後最大の災害からの復興」と続いて、その後は実業界で活躍中に見たり感じたりしたことを記した第4章「国家の品格は歴史が育む」、第5章「戦争は、今もどこかで続いている」で完結。

 しかしこの著者、華麗なのし上がりぶりの陰で、様々な災難に遭っているようです。
 宝石泥棒に阪神大震災。震災復興後1ヵ月後、やっと完成した新店舗にトラックが突っ込み・・・。
 気の毒としか言いようがありませんが、なにくそ!という、宮古島で言うところのアララガマ精神が、その都度、道を開かせたようです。
 戦争というハードな時代を生き抜いてきたヒトって、やっぱり強いのですね。おれならメゲてしまいそうだがなぁ。

 いずれにせよ、この人に限らず、ある人間の一生というものはおもしろい。
 やや書き手の手前味噌になってしまうところもあるのでしょうが、おれは今後もこういう本は好んで読んでいきたいと思います。


 2009年末から10年元日にかけて読みました。いや、いい本でした。

 曇り空の沖縄、フェンス越しに眺めた基地内の芝生や外人住宅の様子。それらをモノクロで切り抜いた表紙写真が、この本の内容を的確に表現しているようです。
 舞台は、島から日本兵たちがいなくなり、その代わりに白い肌をした異民族が統治にやって来た頃の沖縄。アメリカの文化を沖縄が受け止めたらどうなるかを追い求めた興味深いルポルタージュです。

 今ではもうわずかしか残されていない痕跡を端緒に書かれた、日本に復帰する以前の沖縄の姿がたくさん登場します。
 沖縄で最初にアップルパイを焼いたのは誰だったのか。アメリカグチと呼ばれた沖縄風の英語を、彼や彼女たちはどのように使いこなしていたのか。命さえ救った戦後のホーク缶詰は、その後いかにしてお弁当の主役の座を奪うまでになったのか。
 このようなことの周辺にあった悲喜交々のエピソードをひとつずつ重ねていくと、沖縄とアメリカが互いに手を取り合って生きた一時期が、やがて逸話の地平線上に浮き上がってきた、と、著者は述べています。

 全9章。第1章に置かれた「アメリカのパイを買って帰ろう」は秀作。空港の売店でアップルパイをまとめ買いするウチナーンチュと思われる男。そのJimmy’sのアップルパイは、洗練こそされていないものの、アメリカ統治時代の味がしたのでした。
 最終章の「幻のラジオステーションKSBK」もまた秀作。RBCの社屋内にあった英語放送局で、米軍のと闘ったロックンロールバリバリの放送局を支えた男と、そのことを現在ウェブ上で詳細に紹介している男の話です。
 ほかに、アメリカグチについて書かれた「きみは小さいのでショーリーと呼ばれたんだよ」、米軍になぜか人気のCoco壱番屋についての「嘉手納軍人のソウルフード」、スラブヤーについての「石の箱でおうちをつくる」、「今宵はポーク缶詰のバラッド」、「最後の京都ホテル」、米軍のキリスト教会と戦った牧師の話の「教会を捨てて戦争にNOと云う」、「芝生のある外人住宅」。
 コザの京都観光ホテルって、2007年10月をもって廃業していたのですね。ちょっとショックです。

 アメリカと共にあったあのひととき、確実に輝いていたと、取材を受けた人たちは口を揃えたそうです。
 それまでは耳にしなかった音楽や、初めて食べてみた味。憧れと怖れと、敵意と好奇心がないまぜになった交流のなかから、奇跡としか思えないような文化や人間の関係が生まれたことでしょう。
 そんな、アメリカを相手に必死で生きた時代は、その時期を過ごしたウチナーンチュにとって、かけがえのない記憶となったのではないでしょうか。

 コンクリート・ブロックの建物、基地の脇に立つホテル、ドライブインのような構えを残すハンバーガーの店・・・。58号線沿いに並ぶ店舗や家屋は未だにアメリカ時代の空気を残していますが、その多くは老朽化を隠せなくなっており、やがて消えゆく運命に晒されています。
 そういえば、自分が沖縄にはまり込んだ15年ほど前を思い起こすと、今ではすっかり失われてしまったものが沖縄にはいかに多いことか。
 あと10年もしないうちに、それらが新しいものに変わっていってしまうのかと思うと、なんともやりきれない、ノスタルジックな気分になりますね。


 沖縄戦が激化する1943年7月、新たに沖縄県の第二十六代知事が勅任されました。
 この泉知事というのがとんでもないヤツで、間もなく米軍が上陸してくるのが怖くて、退任する45年1月までずっと、こんな沖縄なんかとはおさらばだとか、はやく別の県の知事に栄転しないかとか、ぐだらぐだらと言いながらほとんど仕事をしなかったらしい。
 だってサ、2年に満たない在任期間中、地方長官会議があるからとかなんとか言って長期間上京したり福岡に行ったりで、都合6ヶ月間も沖縄を不在にしていたというのですから、オドロキでしょ。今の地方自治体では到底考えられませんよね。
 本土出身者は沖縄を脱出すればそれですむでしょうが、沖縄県民はそうはいかないんだゾ! お前は沖縄県知事だろ。

 そ奴をいつか読書で糾弾するべく(笑)、関連本を探していたのですが、あったのですよ、すげー本が。1993年発行のこの本を、古書店から買いました。

 読んでみてわかるのは、まずは彼が典型的なお坊ちゃま官選知事だったこと。世間を知らず、自己中心的で、ポスト、地位が歩いているような人だなと思いましたね。日記の書きぶりなんて笑わせますよ。自分のことを「泉君」なんて書いているんだから。

 着任の知事訓示では滅私奉公を職員に説いておいて、我が身かわいさに自分の人事異動を画策したり、十・十空襲にビビッて知事官舎を後にして落着いた普天間にとどまり、陣頭指揮すら放棄する始末。これってもう、弁明のしようがないと思いますよ。
 さらには、転任先の香川県では、あれほど空襲に慌てふためいていた男が「空襲恐れるに足らず」などと、ラジオで語ったりしています。もう、アホやんか。

 著者の論調は、泉知事が決戦直前に異動したのは、軍との折り合いが悪い知事が軍と対立を深めたため、このままでは戦争ができないと大本営や内務省が判断したとみるのが妥当で、逃げ出したのではない――というものですが、そんなことは結果であって、日頃からいやいや知事をやっていたことは明らかであり、彼としてはたまたまあった異動がいわば渡りに船だったということ。

 著者も最初は、ひどい知事がいたものだと憤り、知事はなぜ沖縄から逃げ出したのかを聞き出すために、義憤に突き動かされて元知事を探したそうです。
 ですが、1983年、探した先で会った泉君はボケが始まった病気の老人。結局のところ、時間はすべてのことを風化させていた・・・という、肩の力が抜けるようなエピローグが待っていたのでした。

 それにしても腹立つなぁ、当時の官選知事って。どっちを向いて仕事をしているのやら。偉いだけ偉くて、こういう輩ではねぇ・・・。
 2010年の初ラーメンは、南陽市の満月食堂でラーメン550円を。
 1月4日の仕事始め。終業後に職場を離れるのがちょびっとだけ遅れたら、帰宅ラッシュと降雪が重なって米沢市内は大渋滞。これを抜け出ることがなかなかできませんでした。
 あ~あ、今日は早めに帰って家で正月の残り物でも食べようかと思っていたのに、これでは家での通常の夕食時間には到底帰れない。しょうがあるめい、どっかで食べていっちゃおうか・・・。

 というので、途中の南陽市赤湯温泉にあるこの店に初めて寄ってみた次第。
 実はこの店、そば、うどんの老舗。でもラーメンも美味いよという話をかなり前に聞いていたので。

 店は、閉店間近とみえて客もいず、店の親父も奥の居間で寛いでいるのが見える。
 すまぬが、ラーメンを一杯、お頼み申す。



 黄色が強めの平打ち風のやや太い麺。赤湯ラーメンの範疇からは逸脱はしていない、と思う。でも、なんか独特。これがちゅるっとした舌ざわりでけっこうイケル。
 秀逸なのは澄んだスープ。ウチは昔からこの味でやってますねんといった風情の、なつかしささえ感じられるオーソドックスなスープです。
 でもこれ、おれはわかるゾ。中華味の素みたいなのを使ってるだろ。旨過ぎるからすぐにわかる。
 まぁ、うどん屋だからなぁ。中華スープの仕上げはそのようにせざるを得ないのかもしれない。・・・と、あっさりと許せてしまいそうな美味さなのだな、しかし。

 2枚入ったチャーシューも、脂身がしっかりついていてグー。メンマも標準。海苔も立派。
 この素朴さ。突出したところがなく、互いが互いを高めあう総合力の強さ。
 出前で毎日食べても美味しいと感じられそうなデキですな。

 勘定の際は、新年早々に見かけない客がやってきたものだと、チラチラとおれの顔を見る親父。
 「まだござってください、まだよろしぐっす、おしょうしなっす・・・」という声に送られ、今年の初ラーメンに満足、納得して店を出たのでした。

 店の詳細は、こちらのページをどうぞ。
 川西町上小松にある小さなそば屋。川西町の職員から、ココの焼きそばはすごいぞという話を聞いていたので、行ってみました。

 焼きそば800円。ぎょえ、高い! 焼きそばごときにそんな大金を出すものなのだろうか?
 とはいえ、それを一目見むとてわざわざ訪れたわけなので、おずおずと焼きそばを注文。

 ゆったりとした時が流れる店内。先客が2名いてすでに焼きそばを食べていましたが、次の順番のおれのが出てきたのはそれから20分ほど経ってからのことでした。



 うへぇ、またまたこのボリューム! ・・・まいったなぁ。
 画像を見ても量的なインパクトはあまり伝わってきませんが、すごいんです、量。

 青海苔の緑が鮮やかでよろしいが、すこし前に食べた宮内の沖ふじ中華店の焼きそばと比較すると、野菜と肉は少なめで、紅ショウガはなし。うまい麺のほうに専念して食べなさいということなのでしょうか。
 その麺、コレ、美味。中太の縮れ手もみで、ラーメンで用いている細麺と区別して使用しているようです。
 油分が過多ということはなく、い~いソースの香り。沖ふじよりやや洗練の度合いが高いかも。まぁ、焼きそばの洗練度なんてあるのかどうかわからないけれども。

 スープは、なんかやたらと淡白でコクなし。このスープでラーメンをつくったらイカンと思うぞ。

 でもまぁ、この量、明らかに2食分を超えていましたね。値段の高さは、実は最初から大盛り料金150円程度が加算されていると考えるべきなのでしょう。
 実際、沖ふじの大盛りのやや少ないぐらいの量。(沖ふじが異常なんです) さっぽろの大盛りなんて食べた日にゃあもう、おれだったら死ぬ。完食なんて望むべくもない。

 結局、昼の焼きそばが多すぎたために、この日は夕食も食べられず、酎ハイを飲むのが精一杯でした。
 いい齢になってからのこういう食物摂取の状況ってのは、まずいよなぁ・・・。

 店の詳細は、こちらのページをどうぞ。


 3連休の初日。南三番町の大明食堂に行きました。だいみょうしょくどう、と読むんだって。
 2度目の訪問。1回目は3年近く前で、野菜炒めを食べたけどインパクトがあまりなかった記憶があります。
 が、カツが大きく3センチぐらいの厚みありとの情報があり、それを確認するべく再訪です。

 カツカレー750円。う~、ライスが見えない。(笑)

 カツに関しては、デカさは情報どおり。しかし、厚さ3センチは誤報だと思う。確かに厚めですが、2センチ前後というところかなぁ。
 脱線しますが、米沢の定吉のカツカレーのカツは厚いですよ。3センチ近くはあると思います。トンカツはよく草履に例えられますが、定吉のは厚みがある下駄みたいなカツですので、お試しを。

 カレーは、洋食の域から離れた、和風というのか、大衆食堂のそれ。ニンジンなんかの具は薄切りで肉はバラ肉を使った、煮込まないタイプというのかな。
 辛くなく、とろみの度合いが低く、コクを感じないもの。なのになぜか懐かしいような、昭和の味とでもいうのでしょうかね。

 それにしても素朴すぎ。福神漬も目立たず、サラダもつかず、いろどりなんかはまったく眼中に無し。それが逆に、大衆食堂としての潔さに思えなくもないですけどね。

 カツ丼700円を注文している客が多かったことを言い添えておきましょう。

 店の詳細は、こちらのページをどうぞ。


 戦後篇の後編。
 その前半は、戦前のジュリから身を立て、辻を再建しようと料亭「松の下」を辻に開店させ、結婚もし、子供も生まれ・・・と、順風満帆の日々。
 しかし、後半になるにしたがって、なんだかかわいそうな人生が待っていました。
 料亭の家宅捜査、ガンの宣告、脱税容疑の裁判と判決、ジュリ仲間たちとの確執、そして、最愛の夫からの離婚申し出とその夫の死・・・という具合。
 主人公のみならず、人間の一生とは何なのかを考えさせられる書でした。

 この「戦後篇」、辻の実態迫るという目的は十分に達成できなかったという意味ではやや不満。しかし一方では、戦後のどさくさや占領時代の支配者の横暴の実態などを読み取ることができ、そちらの面では参考になりました。

 「戦後篇」とはべつに、同じ人の著による「辻の華―くるわのおんなたち」というのがあり、先にこれも手に入れることができたので、辻の実態にはそちらの本で迫ることにしましょう。


 泉町にある、某サイトで山形市のラーメン四天王などともてはやされている店のひとつ。三連休の最終日に行ってみました。

 中華そばの大盛り550+100円。この値段は米沢なみで、山形市内にしては良心的です。
 中太でもっちりした、いかにもといった感じの山形ラーメン。比較的白っぽい印象。酒井製麺所製だろうか。
 具は、チャーシュー2、メンマ、海苔1、ネギたっぷり。
 チャーシューが脂身たっぷりで美味。メンマもシャキシャキでよろし。ネギがたくさんというのも好感。

 全体としての完成度は高いと思いましたが、市内のベスト4かといえば、おれはちょっと疑義があります。
 スープ。これ、特徴があるだけに、一般的とは言いにくいのではないかな。
 色が薄く、啜ってみると、本来あるべき醤油のふくいくとした香りが感じられず、味を塩で補っているとみえて、食塩のストレートなしょっぱさが舌を刺激してきます。
 そして、ここもそうなのかと残念なのですが、中華味の素が入っていますね。味の素みたいな、旨すぎる後味が残ります。

 中華そばのほかに、50円増しで「手打ち中華」というのがありました。もしかして、こっちを食べるべきだったのかな?
 また行く機会があれば、そのときは手打ち中華をいってみようと思います。

 店の詳細は、こちらのページをどうぞ。
 桜田東にある店へ、看板メニューのスーラータンメン840円を食べに。
 五十番と言えば、山形では駅前の中華料理屋。そっちのほうでは飲んだ後の深夜、よくビールとともに麺類を食べたものだ。その姉妹店。
 家から近いところに3年ほど前にできた店なのですが、駅前のほうがフツーの中華料理屋なので、まあ、中華なら何でもパパッとつくれる万能店で味もそこそこなのだろう、程度の認識をしていて、行ったことがありませんでした。



 で、スーラータンメン。
 なかなか美味い。酸味の効いたあんかけがたっぷりです。細切りのタケノコが中心で、モヤシ、ニラ、椎茸、溶きたまごなど。さらに、豆腐が入るのですね、ほほぉー。
 ほかに、細切れにした豚肉の脂身。これこそがこのあんの隠し味というか、真骨頂というか、美味の中核をなしているのではないか。

 麺は、想像していたとおりで、一般的な中華料理店で供される、特徴を表に出すことを意識的に抑えたようなものなので、特筆すべき点はありません。
 これに800円を出す価値というのは結局のところ、「あん」をどう評価するか。この一点にかかっているのでしょう。

 美味さは十分に評価しますが、頻繁に食べに行くほどのリーズナブルな料金ではない、というのがやや難点。
 大衆的な側に立つワタシの感想としては、700円だったら合格!なのですがねぇ・・・。

 店の詳細は、こちらのページをどうぞ。


 あんかけ焼きそばが無性に食べたくなって、久々に北海ラーメンに行った。
 かつて仲間たちと頻繁に麻雀をやっていた頃、行きつけの麻雀屋では出前はこの北海ラーメンからとることにしていたようで、ココの五目焼きそば、中華丼、カツ丼、カツカレーなどは数限りなく食べている。
 いずれもボリューム満点で、アツアツで、味もよかったと記憶している。

 その五目焼きそば800円。
 かつてよりボリューム感はかなり減退し、自慢のたっぷり五目あんがスカスカに。器は当時のままだが、かつてはこの器いっぱいにあんがかかっていて、麺はほとんど見えなかったのになぁ…。

 味はグー。
 カリカリの部分が多い麺の揚げ具合はかなりグーで、超アツアツ。口内火傷必至。とても家庭では真似のできない素晴しさです。
 具のほうは、緑色の目立つ独特のもの。ピーマンとさやえんどう。ほかにたっぷりの白菜と長ネギ、シイタケ、豚肉、むき海老2、少量のニンジン。一般的な海鮮五目とはちょっとちがう。
 かつてはこれにたっぷりのザーサイが添えられていたものだ。
 果物のオマケがつくのがこの店の定番で、この節はみかん。

 美味いのだが、いかんせん、お得感がまったくと言っていいほどないのは誠にザムネンの極み。
 たまに食べたくなるのは、古きよき時代への感傷か。

 店の詳細は、こちらのページをどうぞ。
 金ちゃんラーメンが食べたい。え~っと、帰り道で食べるとしたら上山店?
 いや、せっかくだから、まだ行ったことのない米沢林泉寺の米沢店に行ってみよう。



 中華そば大盛り500+100円。
 まずはこの値段。すっごくリーズナブル!

 そして味。安定した金ちゃんラーメンの美味さよ!
 他の系列店と比較すると、スープはややこってりめで自分好み。深い味わいがしてスバラシイ。
 チャーシューも、おおぶりなものが3枚。厚さこそ山形城西店には及ばないものの、とろっとした脂身が縁についていて、食感もよくとても美味。
 麺も、他店と同様つやつやのぷりぷり。中太の縮れはこの地にしては太いほうになるけど、金ちゃんとしてはこの程度がいいと思う。
 しゃきしゃきのメンマ、新鮮なきざみネギ、溶け出さない海苔、いろどりのナルト。
 カンペキですな。

 金ちゃんラーメンの店舗が内陸地方の随所にあることによって、山形のラーメンのレベルは一段と高まっているのだなと、おいしい麺を啜っていてつくづく思ったのでした。

 店の詳細は、こちらのページをどうぞ。
         nomura85.gif

 このところブログを書く時間がなかなか取れなくて書き込みが減っていましたが、この1月22日(金)から25日(月)まで、3泊4日で沖縄本島に行ってきました。

 今回は、国立劇場おきなわで行われた組踊公演「大川敵討」と玉城流翔節会の琉球舞踊を観て、ネーネーズと十行のライブを観て、石川多目的ドームで「闘牛・エイサー夢のコラボ」というイベントを見て、さらに宜野湾市民会館で野村流音楽協会創立85周年記念公演を聴いてきました。

 ドライブをしながら見てきたのは、糸満の白銀堂、山巓毛、嘉手志川、南山城跡、西原町の『梅の香り』の歌碑と内間御殿、宜野湾市の新造佐阿天橋碑、野嵩石畳道、野嵩クシヌカー、沖縄市の知花グスク、北中城村の仲順流れの碑、嘉手納町の道の駅かでな、安保の丘など。
 さらに、何回か行って見つけられなかった浦添市の前田高地にある平和の碑の攻略(?)に、とうとう成功しました。

 「食」のほうの楽しみ、沖縄大衆食堂めぐりは、那覇のハイウェイ食堂、いちぎん食堂、あやぐ食堂、沖縄市のハイウェイドライブインなど。もう、腹いっぱい。
 また、「アメリカのパイを買って帰ろう」を読んで食べたいと思っていたジミーのアップルパイにも首尾よくありつくことができました。

 わずか4日の間によくこれだけ行動したものだなと、我がことながら思いますね。普段からこのぐらい活動的だったならどれだけ立派なことか・・・。

 印象に残ったことなどをこれから少しずつブログにも書いていきたいと思います。
 先週のことになりますが、初入店。前から気になっていた店ではあった。
 このときはどうしてもご飯ものが食べたい気分だったので、かねてからWEBでチェックしていたねぎ味噌ラーメン650円ではなく、定食類からチョイス。
 定食は4桁のものが多い。何に致しましょうとの問いに、信条としている「3桁モノ」からしょうが焼き定食を選ぶと、それはほかにも2種類ありますが・・・と。
 メニューをよく見ると、しょうが焼き、新・生姜焼き(キャベツ)、生姜焼き(野菜炒め)と3種類あるではないか。
 ナニガドウチガウンダ・・・とやや憔悴しながら、3番目の生姜焼き(野菜炒め)900円というのをたのんだ。



 それはご覧のとおり。
 豚肉の生姜焼き4枚の下に野菜炒めが潜んでいるというシロモノ。う~む・・・そういうことだったらおそらく野菜炒めの代わりに線キャベツが敷いてあったであろう新・生姜焼き(キャベツ)650円を選ぶべきであったか・・・。
 おひたし1、漬物2の小鉢がついて、ごはん、味噌汁はお代わりができるのだそう。
 味噌汁はなかなかおいしかったがやや塩味強め。ごはんのほうはドライな仕上がりで、もうちょっとほっくりとした炊き上がりならよかったなぁと思いました。

 コストパフォーマンス的には標準またはそれ以下、でしょうか。900円は高いのダ。印象としては700円!
 あすなろ食堂のあすなろ定食750円や国味の鶏の唐揚定食680円のほうがずーーーっと満足度が高い。

 ラーメン、味噌は自家製だそうなので、こんどはラーメン類をチェックしてみたいです。

 店の詳細は、こちらのページをどうぞ。