FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


○君は君 我は我・大城美佐子  by上原直彦
   (WEB版 旬刊・上原直彦「おきなわ日々記」(2016/8/20)から) 

 琉球民謡・最後の歌姫大城美佐子芸道足掛60年記念ライブ「琉球の風と海と太陽」。
 このビッグタイトルのライブが(2016年)8月7日、東京赤坂ACTシアターであった。
 「大城美佐子について書いてほしい」。主催者側の依頼と「芸道足掛け60年記念」という趣旨に遊び心をそそられて、パンフレット用の原稿を寄せた。会場へ行けなかった方のために許可を得て転載する。談笑あれ。

 年齢順に上から大城美佐子(昭和11年)、山里ゆき(昭和12年)、瀬良垣苗子(昭和13年・故人)の3人は、女性歌者の先頭にあった。
 琉球放送ラジオ、週一の公開録音番組「芸能バラエティー・ふるさとバンザイ」の準レギュラーとして彼女たちは、それぞれピンで出演。沖縄中をくまなく駆け巡っていた。
 逢えば笑顔で会話する3人だが、時に揃って舞台に立つと、客に見せる笑顔とは裏腹に(ライバル意識)が目に表れて、殊に山里ゆき、瀬良垣苗子には、それが顕著だった。それがまた、表現力にムチを入れるのか、個性を十二分に発揮して番組のカロリーを上げた。
 瀬良垣苗子は声量、山里ゆきは美貌と情感。大城美佐子はというと、あくまでも淡々と説得力のある唄いぶりが魅力。現在、一線で活躍している女性唄者は、多かれ少なかれ、彼女たちの影響を受けていると思われる。

 大城美佐子。
 昭和11年7月8日大阪府大正区北恩加島生まれ。両親がいかなる事情で大阪に渡ったのか、問いもしないし、彼女も語らないから、詳しいそこいらをボクは知らない。少女時代に帰郷して親の故郷、名護市久志(当時久志村)に育つが、大阪の水とよっぽど合っていたとみえて、青春時代はかの地を往来していた。妙なアクセントの大阪弁を、いまもって操るのはそのせいだろう。
 ようやく沖縄に定住するようになったころ、大御所・知名定繁、風狂の歌者・嘉手苅林昌、松田永忠(いずれも故人)に見出され、昭和37年、知名定繁作詞作曲「片思い」でレコードレビュー。その後は嘉手苅林昌とのコンビによる情節、早弾き、遊び唄は絶品と称されて、今日に至っている。
 長い付き合いにまかせてボクは拙著「交友録・島うたの小ぶしの中で」(1995年初版)にこう書いている。題して「猛女・優女・歌女」。

 「普天間の料亭“白富士”に、いい女唄者がいる。聴きに行こう」。
 読谷村長浜での松田永忠から声がかかった。
 誘われるままに同行して逢ったのが大城美佐子だった。けれども、その夜の彼女は三線も取らず、ひと節も唄わず、妙な関西訛りでくだを巻き、あおるように酒を飲み続けるばかり。
 「唄者というよりも、これは猛女、大した女傑だ!」
 これがボクの初印象。
 ところが、二度目に逢った折、松田永忠の他に嘉手苅林昌が一緒だった。
 泡盛を前に三線を取った彼女、前回とは、人が変わったように、乗りに乗った。殊に嘉手苅との掛け合いの遊び唄は、ボクの脳みそを痺れさせた。大城美佐子に惚れた瞬間だ。もちろん、顔にではなく唄にである。以来、惚れたついでにボクは彼女のことを、沖縄訛りで(ミサー)と呼ぶようになっていく。琉球歌劇の抜粋「伊江島物語=原曲・奄美沖永良部民謡・あんちゃんめ小」、歌劇「報い」のひと節「楽しき朝・一名かながなぁとぅ」、小歌劇「かまやしな」の挿入歌「ふぃじ小節」などをプロデュース、マルフクレコードから出した。
 話をもとに戻す。
 知名定繁の本格的な指導を受け、45回転(ドーナツ盤)を出すに至って(ミサー)は(女嘉手苅林昌)の異名を取り、民謡界に確かな形で位置付いたのである。
 情節、遊び唄、芝居唄・・・。唄数の多さは驚異的で、これまた他の唄者の羨望・・・を通り越して尊敬の念をひとり占めにしている。
 けれども、けれども、根が自由人である。「引退事件?」が起きた。

 1970年、突然「大城美佐子引退公演」が、嘉手納劇場で開催された。
 知名定繁、嘉手苅林昌、そうそうたる唄者はじめ、演劇界からは大宜見小太郎(故人)、真喜志康忠(故人)ら御大連が友情出演。彼女の引退を惜しみながら、舞台はいやが上にも盛り上がった。
 プログラムも半ばに差しかかった。いよいよ彼女の口から引退の弁が述べられる。観客が息を呑んで注目する舞台中央に、神妙な表情で登場したミサー。
 「このたび、お奨めもあって引退することになりました。これまでの御贔屓ありがとうございました(中略)これを機会に今後、ますます唄の道に精進したいと、いま心に強く誓いました。これからもよろしくお願いします」。
 出演者はもちろん、観客もド肝を抜かれた。司会役で傍にいたボクなぞ、頭の中が空っぽになり、卒倒寸前だった。
 頓着がない。大らかであると言えばそれまでだが、ミサーらしいと言えば、得心できないこともない。
 後日、事件の真意を問うてみた。
 「ウチは唄者だから、特別公演だろうが、引退公演だろうが、唄う場があればよかったのヨ」
 そのしたたかさが好きで、ボクはミサーファンでいる。

 TBSホールにおいでいただいた方々にご注意申し上げます。もし、彼女のトークタイムがあるならば、一語一句を聞きもらさず、何を言いたいのか、命がけで、善意に理解していただきたいのです。
 これだけが心配でなりません。

 大城美佐子は「これが最後の・・・」と言ったかも知れないが、彼女のことだ。これから数度、記念ライブを持つだろう。乞うご期待。

スポンサーサイト


◯コザに住む島唄ファザー、ビセカツさんのこと  by 小嶋さちほ
   (「竜宮歳時記 どんとの愛した沖縄」(角川文庫)から)

 島唄のことを語る時、唄者ではないけれど、この人を抜きには語れないという人がいる。
 たくさんの民謡の歌詞を書き、コンサートをプロデュースし、自らレーベルを主宰し、コザにレコード店を経営、(あまり社会性があるとはいえない)唄者の世話役や新人の発掘育成……書き連ねていけばキリがない。ひとことで言ってしまえば、島唄を愛し抜いて、今もなおそれを大事に育て、未来につなげようとしているカントクのような、お目付役のような、ファザーのような、そんな存在がビセカツさんである。
 ある土曜の晩、そのビセカツさんをツアー・コンダクターに、コザの民謡酒場大はしごツアーをすることになった。コザといえば夜眠らない街(昼寝してるから)、ディープな民謡酒場の密集地帯である。
 夜10時、コザ時間ではまだまだ宵の口だ。ツアーに参加した一行の中にはビセさんの秘蔵っ子、CDデビューしたばかりの18歳の民謡歌手、内里美加(註:正しくは美香)ちゃんもいる。美加ちゃんは大東島出身。子供の頃から島唄を子守唄に育った、期待の新人である。
 ひと口に民謡酒場といってもノリはさまざま。小さなスナック(?)のような店で夫婦でこぢんまりという店もあれば、スーツを着たオネーサンがたくさんいるクラブ系、30年前からタイムスリップしてきたような純粋民謡系といろいろある。共通しているのは、①必ず民謡の生演奏がある、②カラオケ(生オケも可)OK!、③頼まなくても、どんどんオードブルが出てくる。以上三つ。
 何軒か回った後、島酒も充分体にいきわたり、コザの少し北寄りにある「常夏」という店に入る。この店は若手唄者の名嘉常安、通称ツーネーさんの店。一見、喫茶店のような明るいガラス張りの店で、ドラムやエレキ・ギターなどバンド用品もセッティングしてあるから、とっても入りやすい。「遊びましょー」の一言で、すぐセッション。どんとが三線を弾いて歌い出せば、ツーネーさんがベースを弾き、沖縄民謡界の伴奏を一手に引き受ける松田弘三さんがドラムを叩く。即、熱狂!
 「したいひゃー~!(待ってました!)」。ビセさんの掛け声が響く。ビセさんは民謡酒場の生演奏でもとってもキビシクて、誰か唄者が歌っていても、「こーいう歌い方はつまらんなぁー」とか「マジメすぎてダメだ」とか批評を交えつつ、美加ちゃんにいろいろ教えている。興味のない唄者の歌はまったく聞いていない時も……。キツイ……。でも当たっている。行く先々の店で、唄者の人が来て、「ビセさんに言われてキツかったけど、今は感謝している」とか「3年前まではビセさんがコワかったけど、今はありがたい」とか、口々にお礼を言っている。まさに島唄の現場カントクである。
 そして最終地「なんた浜」。饒辺愛子ネーネー経営の老舗店で、ついに美加ちゃんに「唄うように」という声がかかる。それまで高校生然としていた美加ちゃん、歌い出すとまったく違った表情に。堂々として強い声。「真心(しん)があるでしょう」。ビセさんが目を細めて言う。アクターズもデパートもクラブもない大東島で、本当に島唄を歌い込んできたのだろう。すでにしっかりとキャラが立っていて、おけいこ事民謡のレベルは軽くぶっちぎっている。これはうまく育てば大城美佐子先生のようなタイプの唄者になるかも……と思わせる大器である。
 ビセさんは、ライオンが子供を谷底に突き落とすように、時にキビシク慎重に、計り知れない愛情をもって唄者を育てていく。伝統に敬意を払いつつも、保守的にならず、マジメな遊び心を忘れない。本当に、こういう人を肝(心)のある人というのだなー、と会うたびに嬉しくなってしまうビセさんは、コザの父である。(99年2月)



◯「民謡紅白」で迎えるウチナーのお正月  by 小嶋さちほ
   (「竜宮歳時記 どんとの愛した沖縄」(角川文庫)から)

 毎年日本では年末に紅白歌合戦をコタツに入りながら見るというのが風物詩となっているが、こちらウチナーの正月は「民謡紅白歌合戦」というテレビ番組(RBC)で盛り上がるのがならわしだ。一般市民の潜在的民謡愛好者の数は内地とは比較にならないほどのパーセンテージだから、しぜん正月はここぞとばかりに民謡番組が多くなるのだが、やはり「民謡紅白」は年に一度の大イベント番組で人気も高い。なにしろ沖縄民謡界で活躍中のスターが一堂に会するのである。とは言え、照屋林助、登川誠仁、嘉手苅林昌など「先生」のつく大御所系はあまり出ないのだが(理由は分からない)、それでも若手から重鎮までドップリ沖縄民謡芸能界である。
 番組は完全にNHKの紅白と同じノリで紅組白組に分かれ、歌手と歌手の間をお笑いでつなぎ、水前寺清子が司会をしていた頃のNHKの紅白のノリでこれでもか!と激しい応援合戦を繰りひろげる。NHKと違って生放送ではないが、年末にほとんど生と変わらない形で市民会館で収録するので、観客にとっては3時間あまりの超豪華コンサートで、席取り合戦も年々白熱している。こんな顔ぶれを一日でじっくりと生で見ることができるのだから、私はこの収録には毎年必ず行っている。
 今年のトップバッターは日出克の「ミルクムナリ」。一度聴いたら忘れることのできない呪術的フィーリングのラップ(「口説(くどぅち)」という)に、インドネシアまでつながっていくような笛のフレーズが印象的な曲。2年ほど前に泡盛のテレビCMにも使われていて、沖縄の大ヒット曲なのだ(日出克は、いろいろな意味でこれから目の離せない重要なアーティストの一人だと思う)。
 その「ミルクムナリ」にのせて、紅組、白組の出演者たちが、一人ずつ登場して紹介されるという、のっけから濃い~オープニングである(しかし20名ほどの出演者全員を紹介し終わるまでず~っとスイ! スイ!とかけ声を続けていた日出克は大変だったと思う)。
 そうして歌合戦の火ぶたは切っておとされ、白組は民謡界のプリンス「元ちゃん」こと前川守賢。海、娘、太陽、と思いっきり明るいテーマのサンバ風ニュー・ウェイブ民謡「サンサンパラダイス」で軽快なスタートを切る。私も大好きな曲なので思わず一緒に歌って盛り上がる。そして紅組のトップバッターは、ネーネーズから独立した古謝美佐子。ソロ・シンガー(もともとはそうだったわけだけど)として、舞台の演劇にも初挑戦した彼女は、好調なスタートを切り歌唱もいっそう堂々と明るい。
 次々と繰りだしてくる歌者たちの声に、酔いしれつつも歌合戦は続く。途中、ハワイからのゲストも迎え(もちろん民謡)、世界のうちなーんちゅ的側面をみせたり、伝統芸能の泡瀬の「京太郎」が出てきたりと娯楽てんこ盛り。特に京太郎は、太鼓ひとつでアフリカン・ビートも真っ青の不思議なグルーヴに不気味な念仏踊りで、「こんな芸能があったのかー」と沖縄の芸能の懐の深さに、また感動。もう一度ゆっくりと見てみたい。
 そしてなんといっても私にとっての目玉は「フォーシスターズ」と「でいご娘」だ。どちらも4人姉妹で子供の頃からやっている。フォーシスターズの「ちんぬくじゅうしい」といえばもう名曲中の名曲。この2つのグループのライブをいま見られるということはまさに奇蹟。ほとんどタイム・スリップといえるほど昔の沖縄の空気、時間の流れを現出させてしまう。ああありがたや。
 2月には、旧正月に照準をあわせた対抗局(OTV)の「東西民謡歌合戦」もあるという。まさにうちなー、唄の島。(97年1月)



 出てきたゴリの足取りが怪しい。観客からの差し入れを飲むのは自粛したけれども、せっかく来てくれた2,500人以上の皆さんに喜んでもらうためにいつもと同じくらい酔っぱらってやろうと、楽屋で飲んだようです。それが芸人魂なのか、それとも酔っぱらった芸をしているのか、それともただの酒好きだからなのかは、よくわかりません。

 さて、フィナーレ。出演者全員がステージに登場して、大工がMC。大工と幸人、よなはの3人が兄弟になったと話しますが、つまりは3人とも髪の毛がなくなったことを言っているようです。今回に始まったことではないけれども、大工のギャグはあまり破壊力がありません。

 幸人の三線で、まずはいつもどおり「豊年音頭」からのスタートです。徳原、元ちゃん、大城クラウディアなどが順にうたいます。
 続いてはよなはの三線で「唐船ドーイ」へ。元ちゃん、大工、大城美佐子などがうたいます。
 曲はこの2曲だけで、八重山や奄美の六調もなく、19時35分にエンディングとなってしまいました。

 うーむ、観客からはアンコールの掛け声もないし、あっさりとしたものだ。
 90年代の琉フェスのフィナーレは、そのさなかにも琉フェスならではのコラボが見られるなど、フィナーレだけでもエピソードがあったもの。そして、ゴトウゆうぞうがドラを鳴らすまで延々とやったものでした。あの頃(1990年代)が懐かしいなぁ。

ryufes img

 今回は奄美のウタシャが復活し、里アンナが参加したのはよかった。沖縄民謡をじっくり聴かせる「琉球オールスターズ」の企画もよかったのではないか。よなは徹の活躍もめざましい。
 しかし、個人的にはもっとこってりとした沖縄音楽をフィーチャーするイベントであってもいいと思っています。パーシャクラブも大好きですが、かつての黄金メンバーであるりんけんバンド、喜納昌吉&チャンプルーズ、ネーネーズはもうお呼びではないのだろうか。
 そして、知名定男。声が出ないと一度引退した後に復活して、地元では時々うたっているそうではないか。だとすればあなたこそ、東京でうたうべきではないか。
 琉フェスをとても大切な場として活動していた大島保克はこのところ見ないが、どうしたというのだ。体調不良だって?!
 沖縄に関係があるからと言って、中央で活躍する沖縄出身者を呼んでくるのは安易ですが、納得性は低い。そういうことはしないほうがいい。桑江知子なんて呼んではいけない。

 10年ぐらい前の琉フェスには、民謡を聴きたい高齢者を伴って参加する人がけっこういたものだが、今はそういう光景はほとんど見られなくなりました。
 主催者のM&Iカンパニーにはまたそういう光景が見られるような琉フェスをつくっていってほしいと願うものです。
 ともあれ、23回も続けてくれていることに深く感謝して、レポートを終えます。また来年!!

 さあ、最後はパーシャクラブだ!
 恒例、新良幸人のコスプレは、今年は誰に変身するのか、衆目が集まります。安室奈美恵? 大阪なおみ?
 登場した幸人は、サングラスに白い上下のアップスーツ、背中にカタカナでジャパン。ああ、あれだ、日本ボクシング連盟の山根明終身会長! なにやらしゃべり出した幸人ですが、そのしゃべり方が山根会長そのもののようで、これには大笑い。
 そのまま男臭~く「海の彼方」をうたいます。



 これまでならおふざけはステージの最後まで続くことが多かったのですが、ゴリの言うコンプライアンスとやらのためなのか今回はここまでで、アップスーツを脱いだ幸人はおなじみの赤シャツに黒のパンツ姿に変身。曲は「東バンタ」へ。
 今回の幸人はあまり酒が入っていないようで、ぐっと真面目な感じ。淡々とした歌い方のため、あまり盛り上がっていないようにも見えます。
 ベースは今回も女性。本来メンバーの神村英世は体調不良のため昨年の琉フェスを欠場したのだけど、その後も思わしくないのだろうか。

 次は「五穀豊穣」。いつものラインナップではあるけれども、今回ちょっと違うのは、ここで夏川りみが再度登場して一緒に歌ったこと。すると客席の後ろのほうから前方へと観客がなだれ込んでいき、総立ち状態に。サンデーの「イーヤサーサ!!」の掛け声も軽快。ここが今回の琉フェスのピークだったかな。

 次はバラードの「満天の星」。しっとりとした響きがあっていい感じ。
 いつもなら最後はパーシャクラブの独壇場となり6曲ぐらいはぶちかますので、まさかこれでは終わることはなく、次は何だろうと待っていると、幸人は観客に「愛してるよ~♪」と叫んであっさり終わってしまいました。
 おい、これでは物足りないだろ。飲み方が足りないからこうなっちゃうんだろ、ゼッタイ。
 うーん、今回は全体として低調だぞ、琉フェス。

daiku tetsu

 5番手は、満を持して大工哲弘+苗子+伊藤幸太。
 大工はピンクの開襟シャツに三線、その奥様苗子サンもピンクのウシンチーで琴を前にしています。三線と横笛と琴。さあ八重山民謡が始まるぞといった雰囲気がいいです。

 1曲目は「月ぬ美しゃ」。日比谷野音の空に月は出ていないけれども、♪ ホーイーチョーガ・・・といい感じ。
 2曲目は、よなはが太鼓でサポートして、これはなんという曲なのだろう、八重山の雑踊りに使われるたとえ唄のようなさっぱりとしたもの。

 ここで大工がMC。「レジェンドが琉フェスに帰ってきました!」って、フツー自分で言うかな。
 安室奈美恵が引退した後は自分が大工哲ヒーローだ!とか、私も沖縄民謡「安室」流の師範です!とか、半分ダジャレのような発言もいつものとおり。
 大工が自分で言っていたけど、40数年前の1974年に日比谷野音で初めて開かれた琉球フェスティバルにも、大工は出場しています。当時のメンバーは大部分が彼岸へと旅立ち、残っているのはこの大工と大城美佐子ぐらいになってしまいました。

daiku naeko

 3曲目は、この時間に名護で行われているとぅばらーま大会に届けと発言して、「とぅばらーま」。
 4曲目は、板橋の沖縄県人会長さんの太鼓で「六調」。
 5曲目は、大工がにぎやかしを演出したいときにうたう「くいちゃ踊り」。苗子が琴から離れてステージ狭しと飛び跳ねるようにして踊ります。四半世紀前と変わらずポニーテールにした黒髪が揺れて愛らしい。
 「これからはサービス残業」ともう1曲、「さよなら港」を。苗子の踊りはますます冴えて、最後は出船を演出し、観客に向けて紙テープを投げまくりました。このノリは2003年ごろに一世を風靡した石垣島白保の「白百合クラブ」のものと類似。八重山にはそういう風土があるのでしょう。

 大いに盛り上がったところで、ガレッジらとともに夏川りみが登場。これはサプライズです。
 楽屋に来たところをゴリらがステージに引っ張り出したようで、夏川はノーメイクで「眉毛を書いていない」とのこと。客席の最後列付近から見ているので、その表情がはっきり見えないのがちょっぴり残念です。
 「来年は夏川りみ20周年でーす!」とアピールするものの、ワンフレーズだけでいいから歌ってほしいというゴリのリクエストに、プロダクション契約が邪魔をしているのか抵抗を示す夏川。しかし、「(その場面を)ムービーとかに上げるのはやめてね」と強く言いながら「涙そうそう」をうたってくれました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。